音痴でもコミュ障でもファンは作れるのか?

バンドマンがインターネットを上手く駆使して、一端の一般ピーポーな生活をおくったりバンドの知名度が広がっていくように頑張っていくブログです。果たして管理人は理想の幸せまでたどり着けるのか、、??

階層性マーケティング後編

前回から空いてしまいましたが、今日は階層性マーケティングを落とし込んでいく後半にしたいと思います。

前回は階層性においてどの段階かで意識すべき事が変わるというところを考えたと思いますが、今回はこの考えに基づいてこれをどう設計していくかを考えてみようかと思います。

 

 

まずこれを成すのに大事なことの一つ、前提として好きなことでないといけないというのがあります。その際売れる売れないなどの結果ではなく、自分が心からやってみたい!と思えることに着手するのが大事です。

理由は色々ありますが、一つはネタ切れを起こさない為です。常に行動しているような事じゃないと必ず先へのネタが切れてしまいます。そしてそのネタは自分が所属しているコミュニティーで周りが持ってきてくれたりするのでコネづくりが必要だったり、引きこもり続けて家でネットで完結してできるようなことではないので、情熱を持って動き続けられるように好きなことである必要があるわけですね。ここを自分で自分を見てしっかり考えてみることがまず最初のスタートとなるわけです。

僕はその点では音楽という好きなことがありましたが、自分の好きなことが分からない場合は、自分の部屋や生活、スマホなどをみてみるとヒントになるはずです。

 

そして自分で決めた好きなこと、信念の元に自分が動き出した時、最初に集まった10人、最初のファンの方達の人生を変えてあげるくらいのつもりで、しっかり相手は数ではなく人だということを意識して幸せにしてあげましょう。

そうした少数に対する些細な事から波は大きく広がっていくので、まずは目の前の人を幸せにしてあげる。これが大事です。

自分がやれること、相手の望むことをしっかり考えてみて交差点を見つけ出しましょう。

 

そしてこうした設計は考えだすとキリが無い領域ですので、期限を決めてそれまでに設計を終わらせ、とにかく動いてみましょう!

不安もあると思いますがそこを解消するには必要以上に考える時間を作り過ぎないよう、逆に行動を起こすことです。

軌道は動くことで改善点が見えてくるはずなので、そうして修正をかけていきましょう。

 

階層性マーケティング、是非自分のやりたい事業がありましたら一度落とし込んでみてください。

 

 

2019年年始!実行項目と結果振り返り!

明けましておめでとうございます。みにゃとです。

 

今回は目標達成へのPDCAをチェックして、次回へ向けて改善していきたいと思います。

 

1、集客10名

こちらはまだ本格的には動かしてないので未検証。

 

2、楽曲 現在2

今月中にあと2曲なら射程圏内なので、引き続き制作

 

3、Twitterフォロワー 現在206

地道に増えてはいるものの最近セグメントがビジネスマンにしかいってないので、バンド好きも意識して当たれる発言を増やす。

 

ショウルーム 10名

目標達成は出来たものの、そこからの伸びが悪かったり増えてた人が減ってしまった。

根本的に今のやり方で続けても人が増えそうにないので、やり方を見直したり挨拶回りをしていく。

というわけで

実行項目、毎日10分は配信改善に向けて調べたり新しい事をやる。

 

ここまでがバンド編ですね。

次は人生側の反省です。

 

1、収益 千円 未達成

バンドにばっかり意識が向いててすっかり忘れてた、、とりあえずもの売ればすぐ手が届く額なので、なんか今月中に売ってみよう。

 

2、仕事 まだ落とし込めてない。フリーランスの先輩や友人に色々聞いて、とりあえずさっさと手をつけてみる事。

 

今そういえばブログよりも動画配信の方が注目されてますよね。

そういったサービスから繋がる人が出来ないかそっちも模索してみます。

 

とりあえず収益面とショウルームが目下の課題になりそうですね。

カラオケ配信ができるようになった分そちらも手を出し易いので、上手いことセグメントしてファンが作れるよう頑張っていこうと思います。

 

よし、とりあえず週間課題の作曲今日も頑張るぞ!

 

 

階層性マーケティング前編

こんにちはみにゃとです。

今回は階層性マーケティングというのをバンドでやった時にはどうなるかなとちょっと考えてみようかなと思います。

 

階層性マーケティングって?

階層性マーケティングとはざっくり言うと客の関心度を大きく三つに分けて、その段階毎に適した媒体、適した教育内容、適した価格を設計していくマーケティングです。

これの特徴は、

客数が少なくても成果を最大化していける。

顧客の成長構造を構築していける。

というところですね。

 

説明するとちょっと図を作って長文書いてになるのでここはざっくり端折りますが、何かサービスを買わせたい時には客の様子を見てそれに適したものを提案していきましょうと言う事です。これの特徴としては客数が少なくても成果を最大化できる事です。そして階層ごとの役割や意味をはっきり定義する事で、階を上がる出口を分かりやすく作っていきます。

そしてその為には顧客の見込みがある人を育てていかないといきません。

 

バンドで考えられる階層は

上層(現実、高い、少ない)

レコーディング見学

楽屋訪問

 

 

中層(有料、普通、それなり)

ライブ参戦

飲み会企画

物販

 

下層(ネット、無料、多い)

音源配布

配信サービス

路上

知り合いとして仲良くなる。

SNSTwitter、インスタ)

 

こういった感じの事を意識して下から上に段階を踏んで育てていくわけですね。

お金が欲しいとか客を呼びたいとか思ったからといって、信頼関係の構築を失敗して押し売ると・より一層上手くいかないだろうということです。

だから基本的に人を集めていきたいのであれば、まずは下の階層を広げていかなければならないのです。そこで幅広く当たれる手法を取って信頼関係を構築しつつ、少しずつ上の階へとファンを濃くしていこうというのが今回の作戦ですね。

 

このマーケティングを構築できるもの。自分で自分をしっかり見て考えるのがまず最初の設計段階です。

そしてこの際目指していく指標もしっかり決めておかなければなりません。方向ややることやらない事の線引きにもなるし、そもそも人の為にならないようなものでは最終的に自分の為にもならないので。

そこで僕は今回バンドのコンセプトと共にヒトとヒトを星座のように繋いでいける音楽、場を提供していけたらなと考えてます。

 

次に初期段階ではただただひたすら半年覚悟を決めて行動していきます。かなり大変なことでも歯を食いしばってやりましょう。

中々大変なところで僕丁度今ここなのですが、やることは先に決めてれば動きやすいので楽ですね。多少の修正は結果を見てかけていかないとですが、方向が定まってればやり易いです。

逆に前何も考えないでやった時もあったのですが、やることやらなくていい事、一々考えてみるのが大変でしたね。。

 

次に中期段階では色々お金などの誘惑が増えて方向性がブレがちなのですが、ここで何の為に自分は何をしてるのかしっかり最初の指標を意識して、周りの信頼を裏切らない事がここでは大事ですね。

 

そして最後に後期段階では速度が大事です。

ある程度上まで誘導できて構造が完成したら、後は母数を広げない限り広がりがなくなるので、とにかくまた悩まず新しいことにチャレンジして、行動の速度を上げていくこと。

 

 

ひとまずここで纏めて、続きは後日にしようと思います。

 

バンド「キズナグラム」コンセプト 

今回は新しく作るバンド、キズナグラムのコンセプトや動き方など、ビジネス的な考えに落とし込んでみようと思います。

なんかこういうのって公開した方が良いのか悪いのか半分半分な気がしますが、あくまで僕はこういう事を考えてこういう事をしてました。っていう記録があったら、まあ昔書いた気もしますが成功した時には人の良い指標に。失敗した時には成功への糧にできると思うので、とりあえず書き記して公開しとこうかななんて思います。

それでは具体的に落とし込みましょう!

 

 

★上位目標(コンセプト)

『一人きりを繋ぐキズナ

ヒトとヒトを繋げる、出会える、関われる

 

なんでこんな事を考えたかというと、音楽サークル行ってる人とかライブハウス行ってる人とか色々見てましたが音楽やバンド、演奏が好きなのは勿論当然といえば当然なのですが、他にも音楽以外での人の根本的な欲求であろう、

友達や仲間が欲しい。

趣味の合う人との出会いが欲しい。

っていう部分は結構な割合を占めてるし、無視出来ない部分じゃないかなと思いました。

そこでクラブとかってふらっと行く人居るけどライブにふらっと行くやつ居ねえよなと思って、知らない人同士でも気軽に遊びに行ったり、人と話したり出会えるバンドがあっても良いかもなと思い、こういうコンセプトが浮かびました。

 

あとは僕が割りかしそうだったのですが、結構本当は人と関わりたかったり友達が欲しかったりするのに人見知りだとか勇気が出ないだとかいう人結構居ると思うんです。

そういう気持ちってずっと蓋して諦めて生きるの辛いじゃないですか。

ネットが発達してほぼ一人でも生活は出来る。だけど本当は寂しさを抱えてる。そんな友達や仲間が欲しいけど行く先が無い人。知らない人と関わりたいけど勇気が出ない人。

そういった人達に、僕達の音楽という共通言語を使ってもらって人と繋がれるキッカケの選択肢、その一つにしてもらえたらなと思ってここから先を組んでいこうと思います。

 

僕達が作る音楽、ライブが一人一人を繋いでいく、キズナの一つになれますように。

 

 

★下位目標

 

①集客

コンセプトがコンセプトな以上、集客できなきゃお話にならない。

よって、何日までに何人まで決めて増やしていく。

2019年6月100人 

2019年4月50人

2019年3月25人

2019年2月15人

2019年1月10人 

 

その為にどういう事をやっていく?

1、PVなどで曲へのノリ方をあらかじめ伝える、幸せそうなイメージを映像として作り見せる事で良いイメージを刷り込んでいく。(逆にオリジナルな以上早めに刷り込まないと間に合わないかも)

2、クラファンなどの時代の傾向から、バンド自体に簡単なお願いや対した事じゃなくても良いので、関わらせる。その上で応援したくなるような雰囲気作り。

3、人がいる事自体演出になるので、最初は本当に最悪サクラも有り? 

 

②曲の準備、演奏

オリジナルでやる以上客から取りたい反応から逆算して考える。セトリに必要そうな曲を想定して、入れ替えが効くよう準備していく。

あげたコンセプトからじゃあどうやって音楽として形にしていくのか?

周りも交えて乗れる曲、煽れる、手拍子やコーラスなど何かしら参加を促せそうな曲にしていく。

本能的に乗れるリズム、EDMとかでも鉄板だけど4つ打ちで乗れそうなものは多分マストなので数曲抑えておく。16分もキレが良ければ全然使えるはず。

全部全曲参加させるよりは、黙ってても乗れる曲、もしくは不参加ですむや、違う曲調もあった方がオンとのメリハリがつくかも?要検証。

プロであることを意識して、一戦で戦う力が付くよう自分や人からもしっかり見てレベルを上げること。

 

2019年6月 10曲

2019年4月 8曲

2019年3月 7曲

2019年2月 5曲

2019年1月 4曲

 

SNSマーケティング、コネ作り

当たっていける母数を増やすため、自分個人に対して応援してくれたり支援してくれる人を作る、増やす。興味を持たせる媒体や導線を引いていく。

手軽にコミュニケーション取れるので、今後も流行っていくであろう配信はファンビジネスに一役買ってくれる予感。 

 

Twitter フォロワー

2019年6月 1200

2019年3月 500

2019年1月 300

 

ショウルーム

2019年6月200

2019年3月80

2019年2月50

2018年12月25日10

 

★実行項目

①−1、売り物を用意しないといけないので、レコーディング。確かベースオントップに腕のいい人がいたから、準備整い次第日にち決定。

練習音源ワンコーラスだけでも早く撮ろう。

①−2、しっかりした告知の前にバンドに対して良い印象を持ってもらったり、関わらせる為にセッション参加毎に難しくない軽いお願いを投げかける。(Twitterのフォロー頼むとか軽いアンケート、もしくは挨拶とかかな)

①−3、まずは手近な人をしっかり掴めるよう、コミュニティ毎に全員への挨拶を徹底する。(心理学の三回や印象操作など少しでもプラスにすべし。)

 

②−1、数曲のストックからアレンジやブラッシュアップしていく。出来の動向はおいておいて、週に一曲は作ってバンドに提出する事。期限は火曜日

②−2、基礎的な部分を見直していく為、音感アプリを毎日やってスクショ、提出。

②−3、毎日歌を撮ってピッチが合ってるかどうかしっかり聞く。

 

③−1、とにかく動くのも大事なので、まず1日5件以上は呟く。

③−2、毎日15分以上は必ず配信すること。

③−3、違う業界の仕事も貰えたらなるべく積極的に挑戦。違う分野からの導線や他者への関わるメリットとして提示出来るよう二日に1記事はあげていく。

 

上手くいかない場合は目標じゃなく実行項目を変える、もしくは改善案を片っ端から時間が許す限り試して試行錯誤する事。

 

 

★バンドやるに当たって他考慮しといた方が良さそうなものや雑記

→練習入る前に最低限譜面は各自書く事!出来るミュージシャンほど時間を言い訳にしないで期日までになんとかします。

リズムが第一、練習の時点で厳しく見といた方が後のために良き。

 

オリジナル曲への誘導の動線の一つとして、カバーはありだと思う。コピーじゃなくアレンジとして見せられるように工夫する。

作り出したいライブのイメージ、ゴールから逆算して考えていく。現状とのギャップが改善点になっていく。楽器や歌の練習も同上。

飲み会とか話したり関われるような場を自分たちが公式的に作ってあげても良いかもしれない。

コミュニケーション術も交えて教えていくとか個人でやれそうな得意分野でのプラス@

スタジオに入るのは目的じゃなく曲を煮詰めるための手段です。課題を明確にして無駄にしないように詰めていきましょう。

ギター弾く前にどういうイメージを曲に対して持ってるか口ギター頼む。

→毎回の練習で出た改善案やそれに対するメモ、現状や変更点など書記は一任する。練習とか予定の補佐も頼む 

レコーディング前にはしっかりプリプロでこのアレンジで良いか確認を取る事 

 一曲通した際の盛り上がりのグラフ

→曲に対するノリ方、楽しみ方を自分達から提案する為にもパフォーマンスや目線など視覚も意識する事。盛り上がれる場面を視覚でもしっかり提示する。

対バンやスタッフに対するコネ作り→俺がやる。

→サービスで写真入ったメントス的なのライブ来た人に配れると良いかも。交換も出来るよう五種類ランダムみたいな。TwitterQRも仕込んどいて。ライン@も??LINEスタンプもあり。

日頃の行いもバンドが大きくなるほど見られるから注意。

客の前ではとにかく堂々と。後々は集客出来る人らと対バンする事。

CDはもうあまり価値ないかも。なんか違うプラスαの方が良いかも

物販は生活に紛れやすいものをしっかり考える。もしくは客同士仲良くなれそうなもの考えても良いかも。話題になるドリンクとか。→合コンのネタとか、他の出会いの場で使う何かも利用出来るかもしれない。

何かやる度に宣伝は大きく伝える。応援してくれた人達が喜んでくれるよう返す事。

変なやつ出てくる可能性はあるから、そこに対する対策。

全く関係ない、例えばお笑いも絡めてイベント作る人が居るなら合コンや街コン的なのも絡めても特色ある企画に出来るはず。ただあまり露骨だと逆に、、、か?

 

 

 

利益は狙うものの、目的はお金じゃなくて人を幸せにする事。

あくまで他人の幸福に貢献した結果帰ってくるのがお金なので、金のためではなく先に人のことを考える事。

という事でみんなのキズナが繋がる場所を作りましょう! 

 

 

、、、めっちゃ考えた。頭使った!

あとはしっかり行動出来るか?ちゃんと協力者を募れるか??

ですね。頑張ろう!!

 

成功も失敗も引っくるめて自分の人生

めっちゃ久々の更新ですが、時間が出来たので久々にゆっくり自分の事を考えてみようかなと思います。

というのも前に目標を立てたもののやれたりやれなかったりで結局出来てねえじゃん。っていう非常に情けない結果になりました。。

実行項目をやってはみるものの結果に全然繋がっていかないんですね。試行錯誤して修正を繰り返す、っていうプロセスが酒と疲労で全然やれなかったのでそこの失敗がまず一つ。

それと、下位目標っていうのはもっともっと期限を決めて細かく動いて行かないとダメですね。一年後、半年後、数ヶ月、一ヶ月、一週間、、ぐらいの所まで本当に具体的に詰めて詰めてやっていかないと達成感もない軌道修正も利かないで上手くいきっこありません。具体的な所までしっかりまず考えてから動くべきだなと思いました。

そして決めたら後はとにかく行動!って感じですね。怖くても踏み出して続けていくのが大事な気がします。

もう一個更に言うなら、時間が限られている以上要らないものは切って捨てていくのも必要そうですね。やった方が良いことなんて本当無限大にある訳で、その中でどれが本当に必要な事でどれが必要じゃない事なのか。必要無い作業、他人に任せられる作業、結果が見込めないもの。この辺を判断して決めていかないとなと思います。

それではもう一度考えて落とし込んでみます。

 

 

 

★上位目標


①自己証明
昔から人に褒められたり認められる事が好きだったので、自分が存在している事を人に伝えて生きていきたい。
というか自分もヒーローなどが好きだったので、そういった類のものにまだ年甲斐も無く憧れてるんだと思います、、!
その為に1人の人として外見も中身もカッコよく有りたいなと思います。

②YOLO (You Only Live Once)
自由気ままに一度しかない人生を楽しい体験重視で過ごす生き方が海外(シリコンバレーとか)で増えたり支持されてるようなのですが、この様な生き方良いなって思うので僕もこう暮らすのを目標にしたいと思います。
病気で一度外出出来なくなったり自由がなくなった時にやりたい事沢山有ったな、ってのが昔後悔にもなったし、本当はやってみたいけど金が無い、時間が無い。など理由を付けて諦めてた事も多かったので、逆にそういった所を取っ払えるようになって金が有り時間があり健康が有れば切り拓ける世界が増える、ってなったらより人生楽しくなるかなと思い目標にしました。

 

★下位目標

①-1 人としてより魅力的になれるよう自分を磨き続ける。

プラスに出来うるであろう事は沢山あるものの、まずは有言実行出来る様に課題達成能力を付ける。自分で決めた事を宣言して逃げ場を断ち、しっかりやり遂げる事。

 

①-2 音楽が好きなので何かしら良い形にして演奏を提供出来るようにする。

ライブでも音源制作でも何でも。
集客が下手なので、そこに逃げずに向き合い試行錯誤していく。集まった人数が自分の魅力の有無でもあると思うので、しっかり伸ばしていく事。明日までにバンド用のコンセプト、目標などを決めて動く事。

 

 

②-1 ある程度の時間を確保しながら月収50万を目指す。計算してみたら生活する分には最低限20万、30万越えればそこそこになってくるはず。
その為に個人で動ける仕事をしてみたりネットなど場所を問わずやれるものだったりと場所や時間に囚われ過ぎない収入の作り方を学ぶ。

一年後 安定した月収50万

半年後 30万円

3ヶ月後 15万

2ヶ月後 5万

1ヶ月後 1万

二週間 千円

 

②−2 収益化したり個人で利益が出せる事、もしくは仕事を作る。

具体的にはバンドや音楽活動、ファンビジネスが一つ。

もう一つは個人のスキル販売などで仕事の依頼を受けられるようにする。

バンドについてはそちらの項目

個人スキルについてはバンドの発信に沿って+@で付随させ、拡散していく。

半年後ここで10万

3ヶ月後ここで3万

2ヶ月以内に仕事の受注2件を目標

★実行項目

 

①-1-1 目標達成出来てるか、やる事をやれてるかをしっかり振り返り毎日配信やラインで報告。

①-2-1 バンド用の目標に沿って実行

 

②-1.ブログなど、場所に囚われずやれそうなネット環境での仕事や収入を作る。
とりあえず習慣とする為毎日発信を続ける事。

②-2.自分個人にアクセスして依頼してくれる人を増やすため、他人に対して提示出来るメリットを伴わせつつ拡散や発信していく。

Twitterや配信アプリのフォロワーを意識して毎日伸ばす事。

 

 

こうして考えてみるとバンドを強くする、個人で人から信用を勝ち取る、って言うところがまず一個キモになってきますね。

仕事とも連動してくる以上音楽活動を本気で頑張るしかないですね。

とりあえずこちらはこれで締めて、バンドの方を考えて記事にしてみようと思います。